32歳女性 157㎝54㎏ 80㎏まで行ったことがある方のベイザー脂肪吸引

― お電話でのご相談・ご予約・お問い合わせ 【受付】午前10時~午後8時(年中無休)―

症例ブログ

  • HOME
  • > 症例ブログ
  • > 32歳女性 157㎝54㎏ 80㎏まで行ったことがある方のベイザー脂肪吸引

32歳女性 157㎝54㎏ 80㎏まで行ったことがある方のベイザー脂肪吸引

2014.01.06


術前


今回のモニター患者様は32歳の女性です。
157㎝54㎏ 17歳の時に最大80㎏までなったことがあるそうです。
どうしてもそれくらい太ってしまうと
体にたるみが残りがちになり若々しさが失われます。

今回ベイザーにて
腹部腰部、下背部
上腕・ワキ後ろ(肩甲骨上) (別記事に紹介します。)
の脂肪吸引を行い、バストにコンデンスリッチファットを注入しています。

 


術後半年

術前と比べてかなりスッキリして中年のお腹周りといった雰囲気が改善されました
ヾ(@^▽^@)ノ
出来ればモニター患者様は撮影の日にはストッキングは外してきてくださると助かります
(*v.v)。


術前


術後半年

もともとバストが大きい方ですがこれだけお腹周りがすっきりすると
そのバストの大きさが生きてきます。


術前


術後半年
カラダの厚みがかなり違いますね


術前
45歳くらいに見えてしまう後姿ですが・・・


術後半年
若々しくなりました。

以下ダウンタイム


術後1日目


術後1週間


術後1か月

 

治療概要 お腹・腰まわりの脂肪吸引は、余計な脂肪を落とすだけではなく、バランスのとれた肉付きを実現し、ウェストのくびれがなくなったなどのプロポーションの問題を改善します。全体的には太っていないのに、お腹が特に気になる場合などは、脂肪吸引で局所痩せを達成することは非常に効果的です。
施術費用 300,000~900,000円(詳しい料金はこちら) ※麻酔・処方代は別途30,000円~50,000円(範囲により異なります)。
副作用・
リスク
施術後は一定期間、痛み、浮腫み、内出血、色素沈着などを生じることがあります。ごく稀に局所の細菌感染などのリスクがあります。抗生剤投与、外科的処置が必要になる場合があります。手術部位およびその周辺の感覚が一時的に鈍くなることがあります。ほとんどの場合、時間の経過と共に回復します色素沈着や皮膚の固さ、皮膚の凸凹が生じる場合があります。時間とともに軽減しますが完全には回復しない場合もあります。ごく稀なケースですが肺塞栓などの重篤な合併症を起こす場合があります。吸引量が多い場合、動脈性の出血が見られた場合など、病院への搬送・入院輸血などの可能性があります。吸引孔は完全には消えません。肥厚性瘢痕が長引く場合もあります。手術部位およびその周辺の感覚が一時的に鈍くなることがあります。ほとんどの場合、時間の経過と共に回復します効果・実感には個人差があります。皮膚のたるみ取りを行った場合は吸引だけのリスクに加えて、皮膚壊死、肥厚性瘢痕、触覚の低下、しびれなどの合併症のリスクがあります。