★128 55歳女性 シンシアの切らないリフト!!(頬顎下VASERアキーセル+脂肪注入)

― お電話でのご相談・ご予約・お問い合わせ 【受付】午前10時~午後8時(年中無休)―

症例ブログ

  • HOME
  • > 症例ブログ
  • > ★128 55歳女性 シンシアの切らないリフト!!(頬顎下VASERアキーセル+脂肪注入)

★128 55歳女性 シンシアの切らないリフト!!(頬顎下VASERアキーセル+脂肪注入)

2019.12.04

今回のモニター患者さまは55歳の女性です。

 

156cm53kg(人生最大は50歳ごろ62kg)

 

2008年からずっとシンシアの患者さまです。

10年以上通ってもらえるって本当にありがたいことです。

 

今回若返りをご希望にて手術になりましたが、”切る”手術はご希望にならないということで

 

頬・顎下 VASERアキーセル脂肪吸引

中顔面・ほうれい線・オトガイマリオネット脂肪注入

 

で若返りを目指すこととしました(*^^*)


術前


術後3ヶ月

フェイスラインが軽くなって、中顔面やせやアゴ周りのしぼんだ印象も改善されて一見して

”若返った”

印象になりました。

青い部分をベイザー・アキーセルで吸引して
赤い部分に脂肪注入を行っています。

 

ベイザーで溶解して、アキーセルで吸引すると吸引部も仕上がりがよくなることに加えて、
吸引した脂肪も細かくなっているので注入するときにも大きなメリットとなります。

 


術前


術後3ヶ月


術前


術後3ヶ月

経結膜脱脂術でもそうなのですが、

”脂肪で膨らんでいるの脂肪を減らすと馬鹿正直にたるむ”

というのは必ずしも真実ではありません。

ゴム風船と同じで、ある程度までの年齢(皮膚質によって大きく変わってきます)までは
収縮する力が残っているので脂肪を減らすと引き締まったように見えます。

伸び切っている場合は・・・
ちょっと厳しいこともあり得るのでフェイスリフトを考えると良いと思います。

 

ダウンタイム


術後1日目


術後1週間

左の顔面神経が一時的に麻痺して口が1ヶ月位動かしづらい状態でしたがスッキリと治りました。

(まれにあることです。)

 


吸引孔の様子。

耳たぶの裏の線に沿ってあるのですがわかりますか?

 

 

若返りといえばもちろんきっちりとしたフェイスリフトが最も効果がありますが、

経結膜脱脂術+脂肪注入

で皮膚を切らずに目の下のボリュームの変化をしっかりだすだけで大幅な若返りを得られるように
顔全体においてもボリュームの補正を精密に行うことによって大幅な若返りを達成することも可能です。

加齢とともについてくる脂肪を減らし、加齢とともに減ってくる部分のボリュームを補うことは
とても理にかなった効果の高いリフトになります。

 

 

糸のリフトはやり方さえ覚えれば、入職1ヶ月の新米美容外科でも手術することが可能です。

手術費用も高いので様々な美容外科で大きな収益源となっています。

しかしながら効果が出るためには、

○骨格が糸のリフト向き

○フェイスラインに脂肪が少ない

○引っかかりの良いコラーゲンをもつ体質

○タルミが多すぎない、少なすぎない

などが揃う必要があり、それを見極めることが出来ない医師に手術されることは
お金をドブに捨てるのとほぼ同じです。

 

ぜひシンシアにご相談ください


 

治療概要 顔の脂肪吸引は、余計な脂肪を落とすだけではなく、バランスのとれた肉付きを実現し、若々しくスッキリとした印象に仕上げることが可能です。脂肪注入を併用することで、フェイスラインや顎下から中顔面・ほうれい線などにボリュームが移動(リフト)するので若返りも期待できます。
施術費用 300,000~450,000円(詳しい料金はこちら)※麻酔・処方代は別途30,000円
副作用・
リスク
施術後は一定期間、痛み、浮腫み、内出血、色素沈着、などを生じることがあります。術後吸引範囲に液体の貯留がみられる場合があります。適宜来院、穿刺除去を行う必要がある場合があります。ごく稀に局所の細菌感染などのリスクがあります。抗生剤投与、外科的処置が必要になる場合があります。色素沈着や皮膚の固さ、皮膚の凸凹が生じる場合があります。部分的な顔面神経麻痺(口が動きにくいなど)が発生する場合があります。1~数ヶ月の経過で改善します。手術部位およびその周辺の感覚が一時的に鈍くなることがあります。ほとんどの場合、時間の経過と共に回復しますゴルゴ線剥離を行った場合、数ヶ月以上に渡り皮膚の硬結・引きつれなどの症状がでる場合があります。脂肪吸引・注入・ゴルゴ線改善の実感が弱い場合があります。