【ゴルゴ線治療】★159 頬アゴ下Vaserアキーセル+経結膜脱脂術+ゴルゴ線剥離+脂肪注入

― お電話でのご相談・ご予約・お問い合わせ 【受付】午前10時~午後8時(年中無休)―

症例ブログ

  • HOME
  • > 症例ブログ
  • > 【ゴルゴ線治療】★159 頬アゴ下Vaserアキーセル+経結膜脱脂術+ゴルゴ線剥離+脂肪注入

【ゴルゴ線治療】★159 頬アゴ下Vaserアキーセル+経結膜脱脂術+ゴルゴ線剥離+脂肪注入

2021.03.16


今回のモニター患者さまは35歳の女性です。

 

大きな病院で上下顎骨切りの手術を行った術後です。(たるみを感じることもある)

 

行った手術は

○頬・アゴ下ベイザー アキーセル脂肪吸引

○経結膜脱脂術

○ゴルゴ線剥離

○目の下 中顔面脂肪注入     です。

シンシアでよく行われる”切らないフェイスリフト”の組み合わせに他ではあまり治療できない”ゴルゴ線治療”を組み合わせています。

 

術前
 

術後1年

どちらもフラッシュを当てていませんが術後のほうが美しくて若々しい顔立ちになっているのがわかります。

ゴルゴ線もほぼ消失です。

術前は顔面のボリュームの配置がガタガタだったのが術後は一つの美しい球面に入っていることが美しさを達成した要因です。

 

手術のシェーマ

術前

術後1年

少し顎下腺と耳下腺の腫れがあるタイプなのでその部分の膨らみは残ります。(これは治療が基本的にありません)
 

術前

術後1年

平坦だった横顔にも立体感が出ています。

術前(拡大)

術後1年(拡大)

 

術前(笑顔)

術後1年(笑顔)

 

これだけ大きな改善が得られているのですが、患者さまは満足感が低くゴルゴ線をもっと良くしたいと再手術をご希望でした。

これ以上の改善は見込めずシコリのリスクが高いのでお断りしました。(ゴルゴ線再剥離の手術はキケンなので原則行っておりません。)

 

医師から見ると顔全体がとてもきれいになっていると思うのですが、皮膚のテクスチャーのほんのちょっとの線であってもそれしか術後見ないようになってしまうと満足感が下がったりするようです。

 

 

とはいえ、これを読んでくださった方の殆どはこの手術は大幅な改善が見られたとご理解いただけると思います。

ゴルゴ線を改善した症例がシンシアほどたくさんあるクリニックは日本にほとんどないと思います。

お悩みの方はお気軽にシンシアにご相談ください(*^^*)

 

 

以下ダウンタイム

術後1日目

術後1週間

今回はあまり強いダウンタイムではありませんでした。

 

 

治療概要 顔の脂肪吸引は、余計な脂肪を落とすだけではなく、バランスのとれた肉付きを実現し、若々しくスッキリとした印象に仕上げることが可能です。脂肪注入を併用することで、フェイスラインや顎下から中顔面・ほうれい線などにボリュームが移動(リフト)するので若返りも期待できます。
施術費用 300,000~450,000円(詳しい料金はこちら)※麻酔・処方代は別途30,000円
副作用・
リスク
施術後は一定期間、痛み、浮腫み、内出血、色素沈着、などを生じることがあります。術後吸引範囲に液体の貯留がみられる場合があります。適宜来院、穿刺除去を行う必要がある場合があります。ごく稀に局所の細菌感染などのリスクがあります。抗生剤投与、外科的処置が必要になる場合があります。色素沈着や皮膚の固さ、皮膚の凸凹が生じる場合があります。部分的な顔面神経麻痺(口が動きにくいなど)が発生する場合があります。1~数ヶ月の経過で改善します。手術部位およびその周辺の感覚が一時的に鈍くなることがあります。ほとんどの場合、時間の経過と共に回復しますゴルゴ線剥離を行った場合、数ヶ月以上に渡り皮膚の硬結・引きつれなどの症状がでる場合があります。脂肪吸引・注入・ゴルゴ線改善の実感が弱い場合があります。