【切らないフェイスリフト】★172 頬アゴ下VASERアキーセル+脂肪注入+経結膜脱脂術

― お電話でのご相談・ご予約・お問い合わせ 【受付】午前10時~午後8時(年中無休)―

症例ブログ

  • HOME
  • > 症例ブログ
  • > 【切らないフェイスリフト】★172 頬アゴ下VASERアキーセル+脂肪注入+経結膜脱脂術

【切らないフェイスリフト】★172 頬アゴ下VASERアキーセル+脂肪注入+経結膜脱脂術

2021.09.04



今回のモニター患者さまは52歳の女性です。

171cm53kg 二人出産


 

目周りと顔のフェイスリフトをご希望にてシンシアにご来院。

かなり遠方から来ていただきました。

他のクリニックで経結膜脱脂術を1回と目の下の皮膚の切開を伴うたるみ取りを行っています。


 

シンシアで行った治療は

○経結膜脱脂術

○頬アゴ下ベイザーアキーセル脂肪吸引

○目の下・中顔面・ほうれい線・オトガイマリオネット脂肪注入     の組み合わせ。


すなわちシンシアの”切らないフェイスリフト”です。

加えて

○眉下切開       も行っています。


 

術前
 

フェイスリフトをご希望になるのも理解できるたるみが見られます。

また目の下のたるみは他院で

○経結膜脱脂術1回

○皮膚切開を伴うたるみ取り

を行っていますが目線を隠しても隠しきれない大きな目袋があります。

 

術後3ヶ月

皮膚を切らずに立体構造を整えるだけでここまで若返りました。

フラッシュで飛ばしたりもちろんしていません。

目袋に埋もれていた涙袋もくっきりと出ています。

 

そこら辺の美容外科で行う”切るフェイスリフト”を大きく凌駕する効果です。

他院の糸のリフトは比べるに値しません。


 

術前

術後3ヶ月


 

口元を拡大してみると・・・

術前

ほうれい線だけはなんとなく浅い(ほうれい線だけヒアルロン酸を入れるクリニックでありがち)感じで、しぼんだオトガイ周りなどとのバランスが悪い状態から・・・

術後3ヶ月

フェイスラインにべっとりとついた脂肪を減らし、その脂肪でオトガイ周りや中顔面などのしぼんだ部分を補ったことによって若々しいだけでなく美しい印象が達成されています。

 

術前

術後3ヶ月

これはフラッシュありでの比較。

 

 

 

 

シンシアの”切らないフェイスリフト”はただの脂肪吸引では吸引することのできない部分を

○VASER+アキーセル+又吉の技術で吸引すること

と、

○上質な注入脂肪を座位でデザイン性高く注入する

という通常行われない組み合わせで初めて達成されるものです。

 

目周りの悩み、顔全体の老化の悩みは迷わずシンシアにご相談ください。

他院で意味のない傷がつくだけの手術を受けるのはもうやめましょう。

 

おまけフラッシュありどおしの正面比較写真(フェイスライン変化がわかりやすいです)

術前

術後3ヶ月

 

 

以下ダウンタイム

術後1日目

術後1週間

ダウンタイムもマスクで隠れる程度でした(*^^*)
 

 

治療概要 顔の脂肪吸引は、余計な脂肪を落とすだけではなく、バランスのとれた肉付きを実現し、若々しくスッキリとした印象に仕上げることが可能です。脂肪注入を併用することで、フェイスラインや顎下から中顔面・ほうれい線などにボリュームが移動(リフト)するので若返りも期待できます。
施術費用 300,000~450,000円(詳しい料金はこちら)※麻酔・処方代は別途30,000円
副作用・
リスク
施術後は一定期間、痛み、浮腫み、内出血、色素沈着、などを生じることがあります。術後吸引範囲に液体の貯留がみられる場合があります。適宜来院、穿刺除去を行う必要がある場合があります。ごく稀に局所の細菌感染などのリスクがあります。抗生剤投与、外科的処置が必要になる場合があります。色素沈着や皮膚の固さ、皮膚の凸凹が生じる場合があります。部分的な顔面神経麻痺(口が動きにくいなど)が発生する場合があります。1~数ヶ月の経過で改善します。手術部位およびその周辺の感覚が一時的に鈍くなることがあります。ほとんどの場合、時間の経過と共に回復しますゴルゴ線剥離を行った場合、数ヶ月以上に渡り皮膚の硬結・引きつれなどの症状がでる場合があります。脂肪吸引・注入・ゴルゴ線改善の実感が弱い場合があります。