★95 53歳女性 大腿臀部膝周りVASER+CRFバスト

― お電話でのご相談・ご予約・お問い合わせ 【受付】午前10時~午後8時(年中無休)―

症例ブログ

★95 53歳女性 大腿臀部膝周りVASER+CRFバスト

2019.01.05

今回のモニター患者様は53歳の女性です。

155cm 44kg 二人経産

 

バストを若々しくしたいということと、下半身ぶとりを改善したいということでシンシアにご来院。

53歳の女性ともなるとそもそも若い方と違ってきれいになる度合いにも限界はありますが、術前の状態よりはずいぶん改善しそうということで手術をお引き受けしています。

 

行った手術は

○大腿臀部膝周りVASER(ベイザー)脂肪吸引

○コンデンスリッチファット豊胸

です。

 

この記事では大腿臀部膝周りVASERの1年後までのお写真のご紹介

(*^^*)

 

術前

53歳の割には結構若々しさが保たれている太もも

 

術後1年

無理なく細くすることができました。

バストのための脂肪を十分に確保するためにはしっかりと吸引する必要があります。

 

術前
 

術後1年
 

術前


術後1年

 

40歳を超えてくるとたるみの個人差が激しくなってきますが、今回は状態が良かったことと、

バランスを崩さないようにしっかり吸引をすることを心がけたので53歳という脂肪吸引としては高年齢であっても術後も不自然さのない状態にすることができたと思います

(o^-^o)b

 

 

以下ダウンタイム

術後1週間

 

 

バストの記事は近日中に専門ブログに掲載します。

53歳ともなると乳輪自体の活きの悪さが目立ってくるのですが、それが改善しているところもご紹介する予定です。

 


 

 

 

治療概要 太もも・お尻の脂肪吸引は、余計な脂肪を落とすだけではなく、バランスのとれた肉付きを実現し、若々しくスッキリとした印象に仕上げることが可能です。下半身太りの状態では太ももの間に隙間がなくて擦れる、お尻の存在感が大きすぎる、ジーンズなどピッタリとしたボトムスが似合わない、水着になれないなどの悩みも改善します。
施術費用 300,000~1,000,000円(詳しい料金はこちら)※麻酔・処方代は別途30,000~50,000円(範囲により異なります)。
副作用・
リスク
施術後は一定期間、痛み、浮腫み、内出血、色素沈着などを生じることがあります。ごく稀に局所の細菌感染などのリスクがあります。抗生剤投与、外科的処置が必要になる場合があります。手術部位およびその周辺の感覚が一時的に鈍くなることがあります。ほとんどの場合、時間の経過と共に回復します色素沈着や皮膚の固さ、皮膚の凸凹が生じる場合があります。時間とともに軽減しますが完全には回復しない場合もあります。ごく稀なケースですが肺塞栓などの重篤な合併症を起こす場合があります。吸引量が多い場合、動脈性の出血が見られた場合など、病院への搬送・入院輸血などの可能性があります。吸引孔は完全には消えません。肥厚性瘢痕が長引く場合もあります。手術部位およびその周辺の感覚が一時的に鈍くなることがあります。ほとんどの場合、時間の経過と共に回復します効果・実感には個人差があります。