美しいボディラインを実現する「ベイザー®脂肪吸引」- ベイザーLipo®脂肪吸引、コンデンスリッチファット豊胸は、コスメディカルクリニックシンシア【東京 銀座・渋谷 】

― お電話でのご相談・ご予約・お問い合わせ 【受付】午前10時~午後8時(年中無休)―

美しいボディラインを実現する
「ベイザー®脂肪吸引」

  • HOME
  • > ベイザーLipo®脂肪吸引で美しいボディラインを実現する

ベイザー®脂肪吸引の特徴

  • 穏やかな吸引で
    体へのダメージ
    が少ない
  • 大量の脂肪も
    スムーズに
    吸引可能
  • 吸引後の
    皮膚が収縮し
    引き締まる
  • 吸引した脂肪は
    定着率が高いため
    脂肪注入に最適
又吉総院長

一般的に脂肪吸引は、細いカニューレを使用して脂肪を細胞ごと吸引して除去してしまうものです。
希望の部分を手術すれば、管を通して余分な脂肪が出て行くのを確認でき、その分に関しては確実に部分痩せが実現します。

また、食生活により残っている脂肪細胞が大きくなったとしても、細胞数が減っていることによりその部分に関して太りづらい状態となります。
ベイザー®は超音波振動により、脂肪組織を取り巻く繊維や血管、神経を温存しながら脂肪を強力に溶解し、カニューレで優しく吸引除去する機械です。

従来の方法に比べ、術後の出血や腫れ、痛みが少なくダウンタイムが短いといわれています。

また溶解の効率が非常に高いため、通常の脂肪吸引よりも除去率を高くすることができ、先端から脂肪組織を溶解するためデザイン性が高くなっています。
組織を断裂させずに脂肪を破砕するため、皮下組織はきれいに収縮し、皮膚のたるみを引き締める一定の効果があります。

また、脂肪注入に使用した場合は、通常よりも定着率が高いといわれています。

VASER解説動画

ベイザー®は脂肪を吸引する機械ではなく、脂肪を吸引する前に、固体の状態となっている脂肪”組織”を構成している「脂肪細胞同士のつながり」を壊して、皮膚の下でお粥状にしてしまう機械です。
お粥状に柔らかくなっていれば、固体を削り出すよりもより多く、より繊細に凹凸の少ない仕上がりにすることが可能となり、細い吸引管でも吸引しやすくなります。

ベイザー®は先端の脂肪組織を処理するので、アキーセルなどの横に吸引の穴が開いている吸引管は先端を吸引することが困難な場合もありますが、ベイザー®を併用することで先端を吸引することが容易となり、デザイン性の高い仕上がりとなります。

アキ−セルを併用することで、
より高い仕上がりに!

アキーセルの前に、ベイザーで二の腕(上腕)の脂肪を柔らかくしているところです。
先に柔らかくしておくことで、アキーセルの性能をより活かすことが可能となります。

VASER波(36KHz)の超音波振動により、索状組織・血管・神経組織を温存しながら脂肪組織をかつて無いレベルで遊離・分解。
お粥状になった脂肪組織をアキ―セルの細いカニューレを使用して吸引します。
細いカニューレを使うことで、皮下の組織や血管のダメージを最小限にでき、内出血や吸引時の痛みも更に抑えることができます。

メカニズム

通常の脂肪吸引

  1. 麻酔液(チューメセント液)を皮下脂肪の層に注入
    脂肪組織は、一つ一つの脂肪細胞がルーズに結合しています。
    ここに止血剤入りの麻酔液(チューメセント液)を皮下脂肪層に注入し、麻酔液を皮下脂肪層に充満させます。
  2. 脂肪に対しての前処理は特になし
    従来の脂肪吸引では、脂肪を柔らかくするなどの処理はせずに、そのままの状態で脂肪を吸引します。
  3. 吸引管(カニューレ)で吸引
    脂肪組織は固い状態なので、吸引でムラが出やすく凹凸に繋がりやすいという欠点があります。
    脂肪が付着している組織や血管を傷つけてしまうため、内出血も強くなります。
  4. 組織のダメージがたるみの原因に
    通常の脂肪吸引では、索状組織が大きくダメージを受けるため、たるみを生じやすいと言われています。

ベイザー®脂肪吸引

  1. 麻酔液(チューメセント液)を皮下脂肪の層に注入
    脂肪組織は一つ一つの脂肪細胞がルーズに結合しています。
    ここに止血剤入りの麻酔液(チューメセント液)を皮下脂肪層に注入し、麻酔液を皮下脂肪層に充満させます。
  2. ベイザー波で皮下脂肪層を遊離・乳化
    ベイザーブローブという金属の棒を皮下脂肪層に挿入します。ベイザー波を流すことで脂肪細胞は生かしたまま結合を外し遊離・乳化しお粥状にします。
    索状組織、血管、神経組織は、傷つけることなく温存されるため内出血も軽減されます。
  3. 吸引管(カニューレ)で吸引
    脂肪細胞は、ベイザー波により遊離・乳化しお粥状になっているため、無理な力を必要とせず吸引をスムーズに行なうことができます。
    スムーズな吸引はなめらかな仕上がりに繋がります。
  4. タイトニング(引き締め)効果で皮膚をたるませない
    索状組織が温存されているため、皮膚と周辺組織の関係が良好で、バランスよく収縮が起こります。
    施術後でも皮膚の一定の引き締め効果が期待できます。

施術の詳細

施術時間
施術の範囲により異なりますので、部位別のページにてご確認ください。
痛み
麻酔を使用するため手術中の痛みはありません。
個人差はありますが術後に3日から4、5日程度痛みが出ることはあります。
内出血
術後に内出血を生じます。完全に消えるまで約2週間程度かかります。
腫れ
術後に腫れを生じます。引くまでは約2週間程度かかります。
メイク
当日から可能です。(顔の脂肪吸引以外)
洗顔
当日から可能です。
入浴
通常2回目の診察の翌日(術後6~8日目)から可能です。
シャワー
通常1回目の診察の翌日(術後2~4日)から可能です。
その他の注意事項
  • 術後は圧迫用のコルセットなどを着用してお帰りいただきますので、着脱しやすいゆったりした服装でご来院ください。
  • 手術後2~3日間程度、包帯で圧迫固定します。その後数ヶ月サポーターやコルセットなどを着用して圧迫していただきます。(顔は圧迫しません)
  • 手術当日は車の運転など危険を伴う作業はできません。
  • 腫れ、内出血等によるいわゆるダウンタイムはその程度、受け止め方、周囲の受け止め方に大きな個人差がありますので大切な予定は余裕を持っていれるようにしてください。
  • 術後は皮膚と深部組織の関係を良くするためストレッチとマッサージをオススメします。
副作用・リスク
  • 個人差がありますが施術後は数日から数週間程度、痛み、だるさ、内出血などを生じます。
  • 吸引量が多い場合や動脈からの出血が見られた場合貧血になる場合があります。程度が強い場合には入院・輸血が必要な場合もありえます。
  • 吸引部分の触覚の変化がしばらく見られることがあります。
  • 麻酔の覚醒には個人差があり、術後のふらつき、気分不快、不穏などが見られることがありえます。
  • 色素沈着や皮膚の固さ、皮膚の凸凹が生じる場合があります。
  • ごく稀なケースですが感染症や肺塞栓などの重篤な合併症を起こす場合があります。
  • 効果の程度、実感、満足度には個人差があります。